前世・過去生とは? | JIN's QUEST

*

前世・過去生とは?

      2017/02/24



【前世や過去世が人生に大きな影響を与えている?】

前世や過去世と聞いて、

みなさんはどう思われるでしょうか?

まだ一般的には胡散臭く思われたり、

ちょっと興味本位で話を聞いてみたい

と思われたりする方が多いかもしれませんね。

 

しかし、僕はこれまでコーチングやセラピー、

インドの伝統的ヨガを学び、

たくさんの人にセッションをしたり

教えたりしてくる中で、

 

前世や過去世の記憶が蘇ることは

本当に「普通に」ありますし、

 

それが今世の人生に大きく影響している、

ということに確信を持つようになりました。

 

そしてさらに、単に影響している、

というような程度のことではないことが

明確にわかってきました。。。

 

 

【前世・過去世なんてホントにあるの?】

 

初めて聴く方はちょっと信じ難いかもしれませんが、

コーチングやセラピーなどのセッションで

催眠誘導などを用いて潜在意識にアクセスすると、

 

前世や過去世の出来事と思われることが

クライアントの脳裏に浮かんできて、

その内容を詳細に語り出すというようなことは

本当に「普通に」あります。

 

 

僕のセッションでは、たいていの場合、

完全な催眠状態ではなく、クライアントさんも

意識のある状態を保ってやりますので、

 

クライアントさん本人も

 

「自分は何でこんなことしゃべってるんだろう?」とか、

「単なる私の妄想かな?」などと思いながら

 

いろいろと話してくれることになります。

 

 

もちろんそれが歴史上本当にあったのか、

なかなか証明できるようなことではありませんし、

本人の想像に過ぎないのか、

はっきりと区別することもできなかったりしますが、

 

しかし、それが本当にあったことだと

確信させるようなことが起きたりするのです!

 

 

【前世・過去世を思い出すセラピー】

 

以前に、コーチ養成講座で簡単な催眠誘導を使った

「タイムライン・セラピー」を教えていたのですが、

 

それは過去生を見るというより、

現在抱えている苦手意識や恐怖症を取り除くために、

その原因となった過去、忘れている過去を思い出す、

というようなものでした。

 

その際には、受講生の中から希望者を募って

実際に前で実演して見せるのですが、

 

普通、このようなセッションは、

心の問題のかなり深いところまで出て来たりするので、

プライバシーがしっかり守られた場所で行いますから、

 

セッションを誰かに聴かれたり、

ましてや沢山の人に見られている

なんてことは絶対にありません。

 

 

ですから、もともとその「やり方」や「手順」だけを

見せるつもりでやっていました。

 

 

ところが、いざやってみると、

個人的にセッションでやるよりも深く入って行ったり、

母親の胎内の記憶が出て来たり、過去世に行ったり、

ということが普通に起きるので、

 

はじめはちょっと不思議な感じがしていたのですが、

 

その理由として、その講座は6〜8回の講座で、

受講生同士がとても仲良くなるので、

その仲間の応援のエネルギーがそうさせているのかと

思ったりしていました。

 

 

しかしそのうちに、なんと

セッションを『観ている』受講生にも

変化が起きていることに気づきます。。。

 

 

【デモ・セッションで起きた衝撃的事実!】

 

その講座で行うデモ・セッションでは、

前述したように、受講生の中から、

無くしたい苦手意識や恐怖症があって、

 

他の受講生の前で観られていても構わないので

セッションを受けてみたい、

という人を募るところから始めます。

 

 

たいていの場合、何人か手が上がるので、

その内容をお聴きして、

 

わかりやすくて、他の受講生の学びになりやすい

事例を選ぶのですが、

 

ある時期からは、他の受講生が

そのセッションを見てみたいと

思う事例に手を挙げてもらい、

 

その数が多い方を選んで

セッションを行っていました。

 

 

すると、次第に、そのセッションを

観ていた他の受講生から

 

「私もその同じ場面が見えた!」とか、

 

セッションを受けていた受講生が

言わなかったその場の状況について、

 

「あの場面のあの建物は◯色だったでしょ?」

 

などと、単に想像だけではなく、

実際に「同じ場面が見えた」という人が出てきたり、

 

セッションで出てきた状況に反応して、

気分が悪くなったり、頭が痛くなったり、

 

心理的にも身体的にも何らかの反応が表れたり

する人も出てきたりするようになったのです!

 

 

なぜそんなことが起きるのか、

初めは一緒に学ぶ仲間の共感力かと

思っていましたが、

 

その理由は、全く違った次元に

あることがわかってました。。。

 

 

 

【前世・過去世で同じ場所にいた!?】

 

なぜ、セッションを『観ていた』人が

セッションを受けている人が見ているのと

同じ場面が見えたり、

 

心理的にも身体的にも反応する人も

出てきたりする人が出てくるのか?

 

僕も初めは、波動共鳴が起きて

見えたり感じたりするのかとか、

いろいろな理由を考えたりしていたのですが、

 

いくつかのケースを

目の当たりにしていくうちに、

その理由が明確になってきました。

 

その理由として、僕が出した結論は・・・

 

セッションを観ていた人も、

セッションを受けていた人と

『過去世でその同じ場面にいたんだ!』

ということでした。

 

 

それはたまたまその場面に居合わせた

だけのこともあれば、

お互いに深い関わりがあったという

場合もあります。

 

 

中には、お互い殺したり殺されたり、

というような関係であったことが

わかったケースもありました。

 

 

過去世のことなどに詳しい人にとっては

「そんなの当たり前・・・」

ということかもしれませんが、

 

その時の僕にとっては、

まさに目からウロコが落ちた瞬間で、

そこからまたいろいろなことがわかってきました。。。

 

 

 

【前世・過去世からのつながり】

 

それからだんだんとわかってきたことの一つは、

実は私たちが気づいていないだけで、

多少なりともご縁のある人とは、

過去世でも何らかの繋がりがあるということです。

 

 

特に付き合いがある中で、大きく感情が動く相手とは、

過去世でもそれなりの関わりがあったと

思って良いかもしれません。

 

 

そして私たちは皆、今世に少なからぬ

過去世の影響を持ち越してきています。

 

というより、ある意味でそれがベースと

言っても良いかもしれません。

 

 

しかしそこに気づかないと、

なぜかはわからない自分の選択や行動に、

いろいろと悩まされることになります。。。

 

 

【前世・過去世からの影響】

 

『なぜかはわからない自分の選択や行動に、

いろいろと悩まされる』なんて、

 

「別にそんなことないけど」

 

と思った人もいるかもしれませんが、

 

 

たとえば、高所や狭所、閉所、暗所恐怖症など、

何かに対する恐怖症はもちろん、

 

ちょっとした苦手意識について、

なぜ自分がそうなのか、原因がわからない、

物心ついたときにはそうだった、

というようなことは、いろいろとあるかと思います。

 

 

しかしそういったことには、自分ではわからなくても、

すべてそうなるきっかけとなった原因があります。

 

それをセッションで探っていくと、

その原因は、忘れていた幼児期の

体験であることもありますし、

母親の胎内にいたときの体験の場合もありますが、

 

(胎内にいたときの体験を思い出す人はたくさんいます!

胎内にいたときや、出産される際の「バーストラウマ」

については、また改めて書きたいと思います)

 

特にその人にとって大きな問題となっていることは、

前世や過去世が原因である場合が多いのです。。。

 

 

【前世・過去世の経験が恐怖症を生む!?】

 

さて、実際のセッションで、過去世の体験が

今生に影響していたことがわかった例をひとつ。

 

プライバシーの問題があるので、

個人的なセッションの話は、

あまりこのようなところに書けませんが、

 

講座で教えていたときに、受講生に見せるためにやった

デモ・セッションで実際に出てきた事例のひとつです。

 

 

講座の中で、苦手意識や恐怖症があって取り除きたい、

そのセッションを他の受講生の前でやっても良い、

という人を募ってセッションをするのですが、

 

そのときにやったのは、歯医者や耳鼻科で、

口や鼻に器具を入れられるのが異常に怖い、

という40代男性でした。

 

 

たとえば、歯医者での治療のために

怖さを我慢しようとしても、

 

無意識のうちに口を閉じようとしてしまって、

歯医者さんの指を噛んでしまったりするので

まともに治療ができない、というのです。

 

 

そして、それではどうしようもないので、

あるとき、麻酔をして意識のない状態にして

治療をすることになったそうなのですが・・・

 

 

麻酔をして、いざ治療をしようとしたところ、

なんと、抵抗して暴れてしまったのです!

 

つまり、意識がないということは、

理性が働いていないということでもあるので、

理性で押さえていた衝動がそのまま行動となって

表れてしまったわけです。

 

(本人はもちろん覚えてないのですが。笑)

 

 

それで「もう無理!」ということになって、

歯の治療ができないでいるので、

それをなんとかしたい、ということでした。

 

 

【戦国時代にタイムスリップ!?】

 

そこで、セッションをやってみると、

初めは子どもの頃に母親に耳掃除をしてもらうのも

怖かったとか、いくつかのエピソードが出てくるのですが、

 

さらに過去に遡っていくうちに、

だんだんその男性の表情が険しくなり、

 

その脳裏に浮かんできたのは、

 

「甲冑を着た人がたくさん歩いてきている」

 

という情景でした。

 

そして彼は物陰に隠れ、見つかったら殺される!!

と震えている、という状況でした。

 

そこから、現在の恐怖に繋がっている場面に誘導すると、

その男性のつぶったままの目から涙がこぼれ落ち、

 

「今、僕の周りにいっぱい屍体が転がっています」と。

 

どうやら戦が終わった後の場面で、たくさんの人が殺され、

そしてその屍体には槍や矢が突き刺さっているのです。

 

彼の恐怖症の原因はまさにその体験だったのです。。。

 

 

【前世・過去世での原因がわかれば、恐怖症は消える!!】

 

結局、現在の歯科や耳鼻科での治療の恐怖は、

過去世で体験した

 

「自分も刺されて殺されるかもしれない」

 

という恐怖が、今生まで持ち越されていたということだったです。

 

 

でも、その体験があったことがわかっても、

過去の体験は変えられないのだから、

わかったところで意味ないでしょ?

 

と思われるかもしれませんが、

実はそうではないのです。

 

 

たいていの場合、

過去生の影響を持ち越していても、

その原因に気づくことはありません。

 

そうすると、物心ついたときから

何かに対しての恐怖症や恐怖感、

苦手意識というものがあり、

 

それはもう生まれつきだから仕方ない、

ということになります。

 

 

しかし、その原因がそこにあったことがわかると、

不思議とそれがわかっただけでも

その恐怖症や苦手意識が薄らいでいくのです!

 

 

セラピーセッションでは、

そこをさらに弱めていく方法があり、

そこをしっかりヒーリングしていくと、

恐怖症や苦手意識がウソのように

無くなっていくのです。。。

 

 

【前世・過去世の癒し】

 

さて、過去世で体験した

 

「自分も刺されて殺されるかもしれない」

 

という恐怖が今生まで持ち越され、

歯科や耳鼻科での治療の恐怖に繋がっていた、

という男性は、セッションでそこに気づき、

 

セッションでその恐怖と現在の意識を切り離した結果・・・

 

奥様に耳掃除をしてもらえるようになり(笑)

 

その後、歯医者で治療もしてもらえるようになったのです!

 

 

過去にそんなことがあったのかどうか、

それを証明することは難しいですが、

 

 

実際に変化が起こり、恐怖症や苦手意識が

なくなっていくことは、確かな事実なのです。

 

 

「自分にはそんな恐怖症はないから関係ないな・・・」

と思われている方もいるかもしれませんが、

 

実は、多少の差こそあれ、すべての人が、

良くも悪くも過去生からの影響を受けているのです。。。

 

 

【前世・過去世の影響をプラスに転じる】

 

(ここまで途切れ途切れに長くなったので、

ブログにまとめてみましたので、興味のある方は

コメント欄のリンクから飛んで読んでみてくださいね。)

 

私たちは、気づく・気づかないに関わらず、

確実に前世・過去世の影響を受けています。

 

もちろん、それは必ずしも恐怖症や苦手意識を

引き起こすようなものではありません。

 

今の人生では、芸術やスポーツの世界で

大成功を収めるような、ある意味で特別な

才能となっていることもあります。

 

 

「えーっ!そんなのめっちゃ不公平じゃない!!」

 

と思うかもしれませんが、

実は、それももともと、すべてではありませんが、

 

「今回の人生の学びとして、自分で設定して生まれてきている」

 

のです。

 

もちろん、「そんな覚えはない!」と思いますが(笑)

 

どうもそういうことのようです。

 

 

しかし、ではすべてが運命的に決まっているかといえば、

そんなこともなく、

 

この世に生まれた後は、その環境や周りに生きる人、

社会的状況、そこにおける自分自身の選択など、

すべてが複雑に絡み合って、問題を複雑にしています。

 

でも、だからこそ「学び」になるのです。。。

 

 

ただ、現代社会では、その問題が

複雑になり過ぎてしまって、

 

ある意味「答えのない問題」に、

学ぶどころか疲れ果ててしまって

いる人も多いかもしれません。

 

そこにどう対応して生きていけばよいのでしょうか?

 

2月25日(土)に大阪で「ライフチェンジ・メソッド2」として、その辺の詳しいお話を、

3月20日(祝)には東京で、
「ライフチェンジ・ヒーリング」のワークショップで実際にそんなセッションも行いますので、興味のある方はぜひ。
そして、3月25日〜27日には屋久島のワークショップも予定していますが、

今年の屋久島は、希望日を募って開催する!
という新たなスタイルでもやっていこうと
思っていますので、

まだ未体験の方、ぜひ今年こそは、
本来の生命力を蘇らせ、
命の本質に気づかせてくれる
エネルギーと感動を体験しに来てください!


 - 共に生きる