宮崎巡礼(その2:青島神社) | JIN's QUEST

*

宮崎巡礼(その2:青島神社)

   


今月の満月と新月のツアーでは

伊弉諾神と伊弉冊神の統合というテーマがあり、

9日の満月には滋賀の比婆神社、大杉神社、多賀大社、胡宮神社などを巡り、

23日の新月には、島根の揖夜神社、黄泉比良坂、比婆山、神魂神社などを繋ぐのですが、

その間に講演に呼ばれていた宮崎に、

伊弉諾神が黄泉の国より戻った際、穢れを祓うために禊ぎを行なったとされる「みそぎ池」があることがわかり、

まさにこれは呼ばれたかと。

ということで、講演の翌日、みそぎ池とその近くで伊弉諾神と伊弉冊神を祀る「江田神社」を参拝することをメインに、一日かけていくつかの神社を巡る予定を立てていました。

ところが、ホテルに着いてみると、予定してなかった青島神社が目と鼻の先で、

ビーチを歩いて行けるところにあることがわかり、これは行った方が良いかと。

海の上に見えるのが青島。

青島神社はまさに縁結びの神社。

その昔、青島が新婚旅行のメッカだったのは、ここにも由来するとか。

不思議なことに、この橋を渡った島の中だけ、亜熱帯性の植物が生育しているのです。

そしてもう一つ不思議なこの「鬼の洗濯板」。

さすがにいろいろと云われがあるようです。

そして、青島神社。

その昔は、島全体が禁足地だったようです。

その奥にあり、島のほぼ中心に位置する元宮は、その雰囲気を留め、観光客が去ると、独特の氣に満ちています。

一日の始めに、ビーチをアーシングしながら歩き、最初に青島神社を参拝できたのは、

この順番が初めから組まれていたようでした。。。


 - 伝えたいこと,