「起業することの意味」 | JIN's QUEST

*

「起業することの意味」

   


あなたは「起業」に
どのようなイメージを
持っているでしょうか?

いわゆる「就職」をして
「雇用」されるのに比べて、

自由度は高まり、
収入も高くなる可能性はあるものの、

収入は安定せず、
さまざまなリスクがある、

といったイメージがあるかもしれません。

ですから、「起業」と「就職」とでは

「自由」を取るか?

「安定」をとるか?

のように考えられてきたかもしれません。

しかし、少し前までは、

安定した暮らしを得るためには、

大きな企業や役所のような
安定した組織に就職して、

といったことを多くの人が
信じていたかもしれませんが、

時代が変わり、大きな企業が
突然赤字に転落したり、倒産したり、

終身雇用が保証されるようなことも
なくなってきました。

そこで多くの人々が
気づき始めたと思いますが、

実は会社などの組織に就職する
ということは、

自分の生活をその組織に依存する
ということでもあり、

自分の暮らしの大部分を
その組織の都合に合わせなくてはならない
ということでもあります。

それはある意味で、
自分の人生の大事な時間ほとんどを、

つまり、『自分の命』を
その組織に切り売りしている、

ということでもあるわけです。

そして、束の間の休日に
ストレス発散や癒やしのために
たくさんのお金を使い、

そのお金のために
またアクセクと働く、
ということになっていたりします。

もちろん、
「勤務労働」が悪いわけではありません。

それが本当にやりたいこと、
自分の人生を費やしてやりたいことであれば、

「雇用」される形であっても、
それはそれでその人の生きがいとなり、
幸せなことだと思いますし、

その仕事が、誰かのためになり、
社会のためにもなるのであれば、
とても意味のあることだと思います。

しかし、そうではなく、
「生活のため」「お金のため」に
働いているのだとしたら、

「束の間の休日」や「老後」のために
人生のほとんどの時間を「犠牲」に
することになってしまうのでは
ないでしょうか?

そして最近は、
「ブラック企業」や「老後破産」といった
言葉もよく耳にするように、

必死に働いても、
「束の間の休日」や「平穏な老後」さえも
得ることが難しくなってしまっています。

ですから、
自分や家族の暮らしを守るためにも

組織や誰かに依存せずに
生きてゆけるようにしていけたら
いいですよね?

そういった意味において、
「起業」とは、

「自分の人生のハンドリングを
自分の手に取り戻す一つの方法」

でもあると、僕は考えています。

*「ライフワーク起業」とは?

また、一般的に「起業」というと、
トレンドを捉えてビジネスモデルを構築し、

マーケティング戦略を講じてお金を稼ぐ、
というようなイメージがあるかもしれません。

そして、たいていの人にとっては、

「そんなこと自分には無理」とか、

「そんなことは特別な人だけができること」

というようなイメージが
あるかもしれませんが、

このメルマガでは、もちろん

そのようなお金を稼ぐためのビジネススキル
だけをお伝えするわけではありませんし、

特別な人にしかできないような、
特別なことをお話するわけではありません。

僕がお伝えしようと思っている
「ライフワーク起業」とは、

ただ単にお金を稼ぐ方法ではなく、

自分の人生で本当にやりたいことを
改めて明確にし、それを形にして、

さらにそれをやることが誰かのためになり、
誰かに喜んでもらうことができて、

その「ありがとう」の形として
何某かのものを受けとることで
仕事が成り立つようにする、

ということなのです。

「そんなことができたらいいけど、
そんなの難しいでしょ」とか

「それができるんだったら
みんなやってるよ!」

と思われるかもしれませんが(苦笑)

でも実際にそれを可能にするのが、

これからお伝えする
「ライフワーク起業」なのです。

さて、それではあなたにとって

「本当にやりたいこと」とは何か?

「ライフワーク」となることは何か?

じっくり考えていきましょう!

 


 - 伝えたいこと